ハイキングと登山の仲間たち-山旅会/山行記録
TOPページ 山旅会とは 入会案内 山行計画 山行記録 アルバム 質問箱

山 行 記 録

今年の山行記録

□第4417回   ガ ー ラ 湯 沢 ス キ ー     1月4日
 参加希望者はいないものの一人で出かけることにした。天候が厳しいのは判っていたが、乗車直前にガーラの営業停止を知り折れそうになる。ゲレンデを変えて大宮駅7:09発の「たにがわ73号」に乗車する。越後湯沢で降りて舞子高原スキー場のシャトルバスに乗る。豪雪で上越線は終日運休。雪の積もった線路を見て9時過ぎにゴンドラ山麓駅に到着。日帰りセンターで着替えて9:30からクワッドリフトに並ぶが混んでいて20分位待った。知合い同士でないと相乗りはしないようだ。ゴンドラは運休。しばらくすると長峰、奥添地エリアのリフトが動き出したのでそちらで滑る。新雪の深雪で気分いいが体力を使う。11:30には降って地元食堂で食事。おひとりさまなのでアルコールは自重。午後は連絡リフトで移動して舞子エリアで滑る。ここも雪が深い。奥添地エリアに戻って滑っていると、ガスで方向が分らなくなった若者(ボーダー)と彼に頼られた壮年スキーヤーに出会う。まともに滑れないのに友人から放置され彷徨っていたそうだ。若者はボードをつけずに歩くので、仲間と合流するまでのんびり誘導した。仕上げに一本滑り15:30に日帰りセンターに戻って支度して16:00のシャトルバスで越後湯沢に戻る。駅前の「江神温泉共同浴場」で身体を暖め17:38の「とき336号」で帰京する。思いがけず舞子スキーで滑れたし、小さな人助けもできて楽しかった。

□第4416回   新年山行 旧正丸峠 から 川越山     1月3日
 恒例の新年山行だが、コロナ禍を考慮して会山行としては新年会なしで計画した。池袋7:35発の急行飯能行に乗車。例年よりハイカーの数は少ない。正丸駅でトイレを済ませ9:25出発。車道を少し上流に辿り道標に導かれて沢沿いの登りとなる。国道を横切る所で小休止。そこから20分弱で10:38旧正丸峠に着く。何の変哲もない鞍部だが反対側初花に下る明瞭な道が大切な峠道だったことを思わせる。そこからは急登となって10:55川越山の山頂。ずっと樹林で、素晴らしい快晴だが目立った展望はない。ただ目を凝らすと樹間に白く浅間山や上信国境の雪山がのぞく。次のピーク正丸山では少し樹林も薄くなって武甲山や両神山が良く見えた。正丸山の下りは急で転石も多いので慎重に下る。下りがなだらかになった所に東屋があり、日当たりも良く暖かいのでゆっくり休む。すぐ新正丸峠で再び国道を横切って沢沿いの下りとなる。所々道を氷が覆っていたので左右に避けながら下る。大蔵山集落からは舗装道路となり13:05正丸駅に到着。山中会ったハイカーは2人だけという静かな山行だった。今回は参加者全員が「奥武蔵」での反省会兼新年会を楽しんで、15:55の飯能行で帰路についた。
   

01.JPG

02.JPG

03.JPG

04.JPG

山麓に咲くロウバイ

正丸山から樹間に両神山を望む

崩壊した橋を迂回して

沢に咲く氷の花


□第4415回   大  楠  山         12月26日
 品川から京急線で9:24安針塚駅に集合。急の発熱でドタキャンが一人出て、アベック山行となる。駅の左へガードをくぐって塚山公園へ。三浦按針の墓を見て横浜横須賀道路の横須賀ICの入口まで地図を見ながら歩く。本円寺は通り過ぎて池上6丁目の交差点にたどり着く10:45。街道はわかりにくい。阿部倉温泉の道標をすぎ、菖蒲園を左に高速道路をくぐってようやく登山道へ。脇道を登ると、葉山ゴルフコースのショート7番に出た。丘陵の狭いコースで、友人が会員なので今度機会があったらプレイしたいものだ。衣笠城址の分岐を過ぎ、230段の階段を登りきると大楠山の頂上11:50だ。開けた広場で数組がいる。50mの展望台からは、南から大島、江の島の先には富士山、北に新宿副都心のビル街、遠くにうっすらと筑波山まで見える。朝は少し寒かったが、昼には日だまり山行となった。下山は前田橋コースで遊歩道は前田川を歩くので、ちょっとおもしろい。13:34に前田橋バス停につき、すぐバスがきて逗子駅へ。反省会はしないで帰京した。

□第4414回   沼津アルプス 志下峠 〜 香貫山  12月25日
 雨は朝のうちに止むとの予報で25日に山行実施。1人を除き9:30沼津着。9:45発バスが動き始めた時に遅れていた1人が到着し全員が揃う。10:03志下公会堂前下車。雨は上がっているが曇り空。身支度をして10:10出発。次の信号を左折し10分で車道が終わり志下峠登り口。雨上がりで滑り易い急坂を登りきると志下峠10:55着。緩やかなアップダウンを進むと視界が開け11:15きらら展望台。奥駿河パノラマ台から急登すると志下山のさざなみ展望台11:25着。志下坂峠からはすぐにロープが張られた急登。11:45岩が出てくると急登は終わる。振返ると眼下に海。暫くはなだらかな尾根道で12:14香貫台団地分岐。再びの急登で徳倉山12:25着。三角点傍の円形の窪地に座り昼休憩。晴れ間が広がり着いた時は見えていなかった富士山の頭が見える。急いで集合写真を撮り13:13下山開始。徳倉山の下りはクサリが設置された大きな段差の階段の激下り。13:40下りきった切通しが横山峠。横山14:05着。横山からの下りは滑り易さこの日最強の急坂。ロープを頼りに必死に下って14:43八重坂登り口に出て安堵する。最後の香貫山へは車道を暫く歩き桜台分岐から15:06山道に入り山頂へ向かう。桜台は桜が植樹された公園で道標に導かれ気象レーダーの建つ15:26香貫山着。狭い山頂は休憩には不向き。下ってトイレ脇から展望台への階段を登る。富士山が間近に見える。午後になり空は少し霞んでいるが360度の大パノラマ。展望台に登り存分に展望を楽しむ。強風が吹き始め寒くなり15:47下山開始。香陵台を経由して16:15黒瀬登り口に下山。左に僅かで黒瀬バス停。16:24遅れていたバスに乗り沼津16:34着。沼津発16:38に乗り熱海で高崎行きに乗換え帰途につく。
   

01.JPG

02.JPG

03.JPG

04.JPG

05.JPG

06.JPG

志下峠直下の岩場

奥駿河パノラマ台からの登り

徳倉山から望む富士山

昼食時にチョコレートケーキを頂く

鎖がある徳倉山の急な下り

香貫山展望台からの眺望


□第4413回   忘年山行 奥武蔵丸山 Aコース  12月5日
 池袋8:05発の急行飯能行に7名。途中乗車2名で総勢9名となる。飯能の乗り継ぎは2分と短いが、反対側ホームなのでスムーズ。芦ヶ久保駅を9:40出発。暫くは舗装道路の登りだが結構急。一度ショートカットの山道になるが再び車道となり、40分以上歩いてやっと山道になる。この後も2度車道を横切る。この辺りで漸く北側が開け、草津、志賀方面の雪山の展望が楽しめる。気温はそれなりに低いが風は弱く雲一つない上天気。県民の森分岐から一旦下って最後に高差50m程登ると丸山の頂上。11:50、Bコースとほぼ同着だった。展望台に登ってここで昼食休憩。この日は日光から尾瀬の燧ヶ岳、赤城、上州武尊、谷川連峰、草津、志賀、浅間、両神、八ヶ岳、奥秩父と文句なしの大展望が楽しめた。12:30、Bコースと別れて大野峠を目指す。約30分で下り着いた峠はここも車道とクロスする。その先は主に植林帯の下り。沢を渡る所で一度小休止を取り、14:01赤谷の集落で車道に出る。あとは国道299号を30分程辿ってスタート地点の芦ヶ久保駅に到着。Bコースのメンバーともまた一緒になる。14:52の各停で飯能に出てAコース全員参加で反省会の後、準急池袋行で帰路についた。
   

01.JPG

02.JPG

03.JPG

04.JPG

登路から和名倉山を望む

名残の紅葉の下を登る

山頂直下から浅間山を望む

展望台から雪の谷川連峰遠望


□第4413回   忘年山行 奥武蔵丸山 Bコース  12月5日
 飯能7:52発に乗車し芦ヶ久保8:35着。駅前の道は霜で白くなっていて寒い。道の駅の休憩所で身支度をして8:50出発。赤谷まで30分の車道歩きで水場がある登山口9:20着。ここでオーダーを決め9:25出発。山腹の緩やかな道を行くと9:55丸山への作業道を分ける。沢を2つ過ぎ次の沢を渡渉し10:13小休止。ここから数分の急登。一旦平坦になり大きくジグザグに登る植林の中の道を行くと車道に出て東屋の建つ11:10大野峠。峠からの急な階段道は歩きにくく脇道がしっかり踏まれている。登りきると眺望が開けパラグライダー滑走地。雑木林の気持ち良い尾根道歩きになり、電波塔から左に行くと展望台の建つ山頂11:48着。展望台から降りるとAコースが到着。再び展望台に登り全員で昼食。真っ白な谷川連峰や日光連山などの眺望を堪能し13:20下山開始。県民の森展示館を経由して13:13日向山分岐。右へ杉林の中をジグザグに深くえぐれた道を下って行くと鳥居を見て12:36林道に出る。林道を左に下り13:40木の子茶屋。駐車場がありその先の石材置場で小休止。日向山分岐で近道組と車道組に分かれ10分後に合流。急な車道を20分ほど下って14:25道の駅あしがくぼ着。思い思いに買い物をして駅へ行くとAコースの人たちと一緒になり14:52発飯能行きに乗り帰途につく。





TOPページ 山旅会とは 入会案内 山行計画 山行記録 アルバム 質問箱

Copyright 2002-2022 山旅会, All Rights Reserved.